2018年06月04日

健康のバロメータって病院の数値だけ?

私たちの日常では「健康だとか、健康でないとか」なんて、よく言いっていますよね・・・

そもそも、健康であるとはどういったことなのでしょうか?



本当に健康なの?

0I9A114915030133prezen_TP_V.jpg

私たちは、病院などの検査で得た数値だけを見て、それらがある範囲に収まっていれば健康だとか、また外れていたら健康ではないとかって判断してしまいがちですよね。

でも、それだけで健康だといえるのでしょうか?

医学的な知識のない私たちには、分かりやすい判断基準がそこにしかないということもありますね。

しかし、国際的な考え方を見てみると、それ以外の要素も大きなウェートを占めていることが分かります。

それは、身体的、精神的、社会的のすべてにおいて、すべてが良い状態であることを意味しているのです!



心が健康であることも必要!

KENTA_863deadh_TP_V1.jpg

それは、精神的な問題や社会的な問題ということになり、これらは個々の感じ方に大きく左右されてしまうことなので、他人から見た感覚と本人の感じ方には大きな差異が生じてしまいます。

その感じ方の違いこそが、大きな精神的な負担になってしまうこともけっして特別なことではないのです。

また、お医者さんの検査による具体的な数値で表されるものでもないので、自分自身でも精神的に健康なのか病んでいるのかもわかりにくく、自分でも心の疲れや病に気が付かないことも多くあります。



ストレス社会に対応していく

smoothieIMGL4181_TP_V.jpg

私たちが健康的な身体であり続けるために考えることは、食べ物であったり運動であったりといった物理的な方法だけを考えてしまいがちですよね。

でも、現代のストレス社会においては、このストレス社会のなかで生活していくために、あなたが置かれている過酷な環境の中で、いかに快適と感じられるように生活できるのかという、精神的な側面も健康な心身を作るうえで大切なことだと認識していかなければなりません。

つまり、ストレス社会から逃げ出すことはできないので、その環境の中でいかにあなたが順応していける心と体を作っていけるのかということです。



心身ともにアプローチする

IMARIC20160805472116_TP_V.jpg

例えば、ヨガなどは身体的なアプローチに見えますが、一方では精神的な健康にも寄与していると考えられますし、禅やマインドフルネスなどが注目されているのも、こうした精神面での健康観が重要視されてきているからなのでしょう。

マインドフルネスとは、最近どこかで聞いたことがあるような・・・っていう方も多いかと思いますが、一言で言い表してみると「今この瞬間の起こっている自分自身の身体や気持ちの状態に素直に気づくための心理的な過程」といような意味合いになり、具体的には瞑想などはその過程になります。

心を落ち着かせる ハーブティー って方法もありますね!


このように、健康について考えていくには、こうした多面的なアプローチがますます重要になってきているのです。



本当の自分と向き合う時間をつくる

skincareIMGL7802_TP_V1.jpg

本当の自分、本音の気持ち、これらと素直に向き合う時間を持つことが必要になってきます。

それには、自分の心の叫びをいかに素直に、しかもいち早く感じ取ることができるのかがキーポイントの一つにもなるので、周囲の人たちから「疲れてるんじゃないの」とか「最近元気がないんじゃないの」なんて言われたら、その言葉はありがたく素直に受け取って、ここは自分と向き合うチャンスを与えてもらったのだと考え、素直に自分の心身のことを考えてみてください。



ストレスも普通の病気です

14121438_TP_V1.jpg

ストレスの発散がうまくいかなくて、精神的な疲れを感じてきた人のための治療機関として、精神科とか心療内科というお医者さんがあります。

でも、精神科となるとちょっと行きにいのではありませんか?
その行きにくさによって病気を悪化させてしまって、もっと大変なことになってしまうかもしれませんよ。

でもあなたは、風邪をひいたりお腹が痛くなったり、骨が折れたとかりめまいがするなどの不調を感じたら、内科や整形外科、耳鼻科や脳神経科などのお医者さんに行きますよね。そこで、適切なお医者さんの指示によって、また処方によって、数日で治ってしまうこともありますよね。


治療を放棄していませんか

AL002-kaigishitukarachirari20140722_TP_V.jpg

たとえ自分の精神的なところが病んでいたとしても、精神科の敷居が高くて「たんなる疲れだから」とか「やる気が足らないだけだ」なんていう、実体のない言葉で自分を納得させてしまって心の病気を悪化させてしまう人も多くいます。

心の病だって、きちんとお医者さんに相談して適切な指示と処方によって、初期の段階で治すことができるのです。

小生は、心の悲鳴を感じた時点で早々に精神科に行きました。その結果、心身ともにとても心地よい生活を送ることができています。

また、心療内科や精神科などの進歩も急速に進んでいるので、原因不明とされてきた事象なども、具体的な原因が究明されてきています。そして、それらを治してくれたり軽減してくれる医薬品や漢方薬なども急速に研究開発され、副作用のほとんどないものなども出てきている時代になっています。



まとめ

SAYA0I9A8798_TP_V.jpg

健康というものは、見た目やお医者さんの検査データだけではなく、目に見えない心の健康もとても大切な要因であるということです。

その心の健康にもしっかりと取り組んでこそ、本当の健康な心身を作り保つことができるのだということを忘れないでくださいね!







posted by 爽やか生活へのご招待! at 17:34| Comment(0) | 心と体/健康志向なの 体調不良かも・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。