2017年04月29日

うつ病=現代病?(5)


うつ病のときは、体の中でどのような変化が起きているのでしょうか?


脳内の神経伝達物質の働きが低下した状態になっています。


脳内には、神経細胞から神経細胞に情報を伝達する
”神経伝達物質”という物質があります。

この中の『セロトニン』と『ノンアドレナリン』は、
気分や意欲、記憶などの情報伝達をコントロールし、
心と体の働きを活性化しています。

うつ病では、なんらかの理由でセロトニンやノンアドレナリンのバランスが乱れて、
それらの働きが低下など、うつ病の症状があらわれると考えられています。





ファイザー株式会社 うつ病サポートブックより引用















posted by 爽やか生活へのご招待! at 17:15| Comment(0) | 心と体/うつ病=現代病? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: