2017年05月17日

ぎっくり腰

五月の暖かな陽気になり、山歩きに良い季節になりました。
そんな季節に、ぎっくり腰になってしまいました。
4c6f8daf9758bd7b8bc3df41bf228d26_t.jpg


何気なくものを拾おうとして腰を曲げた瞬間、バキバキっという音と共に動けなくなりました。
そのまま、2日間寝たきりになってしまいました。

3日目に何とか痛みをこらえながら整形外科へ行きました。
お医者さんからは「痛いですよね、ぎっくり腰です」「湿布を貼って安静にしていてください」「痛みが取れるまでには2週間位はかかりますよ。」と言われました。

10日ほどしてから行きつけの整体へ行ったところ、ぎっくり腰は、筋肉が破壊されて起こるのだと言われました。バキバキっていう音は、筋肉が切れる音とのことです。
10日ほど経った今は、切れた筋肉にカサブタがはった状態なので、無理をするとこのカサブタが取れてしまい再発するとのことです。そして、一番気を付けなくてはいけないのは、3週目くらいだといわれました。

坐骨神経痛を自分で治すなら「福辻式」というのもあるんですね。


ぎっくり腰は、この季節に多く起こるそうで、その理由は、暖かくなり汗ばむ陽気になってきたとき、体の水分が不足しがちになって、筋肉の水分も不足してしまい筋肉が固くなってしまうからだそうです。その筋肉にチョットした負荷がかかると筋肉が壊れてしまうそうです。

手軽に、おいしい水分補給ができるコスモウォーターでお水のある生活を始めませんか?


春から初夏の季節には、意識して水分の補給、特にミネラルの補給が必要だとのことでした。










posted by 爽やか生活へのご招待! at 11:56| Comment(0) | 心と体/ぎっくり腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: